iPhoneのSleep Cycle Alarm ClockというAppで快適な目覚めを

こんにちは。 今回は睡眠状態を記録するし、グラフ化する"Sleep Cycle Alarm Clock"というAppの紹介です。 【Sleep Cycle Alarm

こんにちは。

今回は睡眠状態を記録するし、グラフ化する”Sleep Cycle Alarm Clock”というAppの紹介です。

【Sleep Cycle Alarm Clock】

このAppの概要

このアプリは睡眠時の寝返り等により発生する振動を基に、睡眠の状態を記録することができるAppです。


また、眠りの浅い状態の時にアラームを鳴らしてくれるため、すっきりとした目覚めを迎えることができます。
(深い眠りの状態から急に目が覚めると、頭がボーっとしてしまいますよね。)

使い方

1. アラームをセットします。

  1. “Alarm”をタップ
  2. 起きたい時間をセット
  3. “スタート”をタップ【起床時間をセット】

2. iPhoneをベッドにスタンバイします。

  1. “OK”をタップ
  2. iPhoneをベッドに置く
    【ベッドにスタンバイ】
    ※上の写真のように画面が下になるように置いてください。

3. 普通に寝て、アラームで目覚めます。

  1. 就寝
  2. 数時間後・・・アラームが鳴動
  3. 記録を確認
    【睡眠記録】

    <グラフの見方>

    ・Awake~Asleep
    レム睡眠 = 起きている時に近い状態~浅い眠りの状態(寝返り等が多い時)

    ・Deep Asleep
    ノンレム睡眠 = 深い眠りの状態(ほとんど動かない時)

    一説によると90分周期でDeep Asleepから次のDeep Asleepに一周するようです。
    「90分の倍数で睡眠をとると良い」という話をよく聞くのはこの為だと思います。

予定より早い時間に起こされる

このアプリは前述の通り、浅い眠りの状態でアラームがなる為、指定した時間よりも早く起きることになります。

これが私的には損した気分になります。そして2度寝します。

そういった方のために、設定を変更することが可能となっておりますので、安心してこのAppを使えます。

その設定方法は次回に持ち越しで。。。

それではこのへんで。

楽天

  

スポンサードリンク

  • 12
    follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

PAGE TOP ↑