iOS8から可能になったキーボードカスタマイズをしてみよう! 「CooolKey」(無料)の使い方

iOS8から可能になったキーボードカスタマイズ。「CooolKey」という無料アプリを使用してMacBook風にする手順をわかりやすく解説。

こんにちは。

iOS8になって大きな変化といったら、APIの大解放によるカスタマイズ性の拡張が挙げられるかと思います。

これまでiOSでは制約が大きかったためユーザーによる拡張性は非常に低く、その部分においてAndroidに大きく遅れをとっていたと言っても過言ではありません。

しかしiOS8が公開されたことにより、iOSもAndroidに追随できるのではないかと考えております。

ということで早速その機能を活用しキーボードをMacBook風に変えてみました!

iphoen-cooolkey-0

これはCooolLeyという無料アプリを使用してカスタマイズしたのですが、非常に簡単にカスタマイズ可能なので皆さんに紹介したいと思います。

【CooolKey】

CooolKey

キーボードを選ぶ

まず初めに好みのキーボードをチョイスしましょう。

  1. 「CooolKey」を起動
  2. 好みのデザインをタップ
  3. iphone-cooolkey-1

  4. プレビューを確認しOKな場合は”Save”をタップ
  5. iphone-cooolkey-2

  6. “OK”をタップ
  7. iphone-cooolkey-3

キーボードの設定

次にキーボードの設定を変更します。

  1. 「設定」アプリを起動
  2. “一般”をタップ
  3. iphone-cooolkey-4

  4. “キーボード”をタップ
  5. iphone-cooolkey-5

  6. “キーボード”をタップ
  7. iphone-cooolkey-6

  8. “新しいキーボードを追加…”をタップ
  9. iphone-cooolkey-7

  10. “CooolKey”をタップ
  11. iphone-cooolkey-8

  12. “CooolKey – CooolKey”をタップ
  13. iphone-cooolkey-9

  14. “フルアクセスを許可”をオン
  15. ダイアログメッセージが現れます。

  16. “許可”をタップ
  17. iphone-cooolkey-10

これで完了です。冒頭の写真のようにQWERTYキーボードがMacBook風になりました!お見事。

おわりに

現時点で「CooolKey」ではQWERTYキーボードのみ変更可能ですが、日本語フリック入力時はデフォルト状態のため親和性が低いです。結果若干残念な感じであることは否めませんね・・・笑

しかし、1週間もすれば他のアプリ等でオールインワンで設定できるアプリが登場するのではないかと考えております。その際は再度紹介してみたいと思います。

それではこのへんで。

CooolKey – Keyboard for Color Lovers – Pichak co.

楽天

  

スポンサードリンク

  • 14
    follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

楽天

PAGE TOP ↑