Grooveの使い方 -タグ編-

こんにちは 今回はGrooveの"Tags"の操作方法について詳しく書いていきたいと思います。 【Groove】 タグとは とりあえず、「タグって何?」と思う方もいると思うのでGroove2のタグについて説明したいと思います。 Last.fmのタグ 「Last

こんにちは

今回はGrooveの”Tags”の操作方法について詳しく書いていきたいと思います。

【Groove】

タグとは

とりあえず、「タグって何?」と思う方もいると思うのでGroove2のタグについて説明したいと思います。

Last.fmのタグ

「Last.fm」とタグについては以下を参照願います。

参考 : Last.fm – Wikipedia

概要
Last.fmはユーザーの音楽的志向を反映するSNSであり、それを通じてユーザー同士の音楽的なつながりをつくり出す。由来はLast FM you ever need(あなたが必要とする最後のFM局)。

Tag
自分の好きなアーティストにタグを振ることができる。これにより、さまざまな音楽を分類することができる。このタグを通じて、ラジオを作ることができる。

厳密にいうと曲毎にタグを振ることも可能です。例えばバラード曲には[Ballad]であったり、邦楽であったら[Japanese]であったり・・・といったタグを振ることが可能です。

このタグは、世界各国のLast.fmユーザーがタグ付けをしているので、情報量としては膨大なものになります。

Groove2でのタグ

Groove2では前述したとおりLast.fmのタグを使用しているわけですが、アーティストに振られているタグの多さで分類していると思われます。したがって、アーティストのジャンル的なタグが多い印象です(例 : [Indie],[80S],[American]など)。

まれに[Melodic]や[Emo]といった曲毎に振られているであろうタグも見つけることができます。

この機能を使用すれば同じ曲調のプレイリストを作成することも可能ですので音楽ライフが充実するかもしれません。

タグ画面を開く

  1. Home画面の左上の”メニュー”マークをタップ
  2. 【メニューを開く】

  3. “Tags”をタップ
  4. 【タグ画面を選択】

    タグの選択方法

    “Top”と”All”を切替えることが可能です。

    • “Top”表示

      いまいちTopの基準が判りづらいのですが、恐らくはそのタグが振られている曲数の多い順に並んでいるのではないかと思います。(私の場合ですと[Rock],[Japanese],[Altanative]の順に多いということでしょうかね。。。)

    • 【Topタグ】

    • “All”表示

       「アルファベット順」に表示されます。

    • 【Allタグ】

  5. 聴きたいタグをタップ
  6. タグ画面が表示されます。

    【タグ画面】

このページでの操作方法を見ていきます。

アルバム画面の操作方法

当該タグについて

  1. 写真のオビをタップ
  2. 【写真のオビ】

    「”タグ”について」表示されます。Last.fmにおけるそのタグの定義が記載されています。

タグプレイリストを再生

  1. “Play”ボタンをタップ
  2. 【シャッフル再生】

    このタグに収録されている曲がシャッフル再生されます。

アーティスト毎に再生

  1. “Artists”内のアーティストをタップ
  2. 【シャッフル再生】

    横にスワイプすることでアーティストを切り替えることが可能です。

    そのアーティストの当該タグが付与された曲をシャッフル再生します。

アルバム毎に再生

  1. “Albums”内の再生したいアルバムをタップ
  2. 【曲を選択】

    横にスワイプすることでアルバムを切り替えることが可能です。

    選択されたアルバムが曲順通りに再生されます。おそらくこれも、タグ付けされていない曲は対象外になるものと思われます。

以上で説明はおわりです。このタグ機能にはかなり可能性を感じますね。改善して欲しい点は以下のような感じです。

  • 似たようなタグが多すぎる
     例えば、[R And B],[R&B],[R’n’b][R-N-B]といったタグ。笑
  • 曲調に関するタグが付与されている曲が少ない
     [beautiful],[Funky]といったタグは登録されている曲が少ないです。

といったところでしょうか。上記2点が改善されればより良いものになると思いますが、タグを振っているのは世界中のユーザーであり、タグを振るルールが明確になっていないため、改善されることは難しいかもしれません。タグを入力式ではなく、あらかじめ決められたものの中から選択するのであれば可能なんですがね。。。

また、各ユーザーの主観でタグ付けされているため、「なぜこの曲にこのタグが!?」ということもあるかもしれませんが、そこらへんはご愛嬌ということで。笑

みなさんにはその日の気分や季節に合わせてプレイリストを作成可能なタグ機能を存分に活用して欲しいと思います。([Christmas]ってタグもありますよ!笑)

それではこのへんで。

楽天

  

スポンサードリンク

  • 14
    follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

楽天

PAGE TOP ↑