iTunes Matchでのライブラリのマッチングについて

iTunes StoreとiTunesライブラリで曲名やアーティスト名が異なっている場合でも、しっかりマッチングを行ってくれるのかという疑問を検証しました。

こんにちは。

先日紹介したiTunes Matchを便利に使わせてもらっていますが、導入する前に疑問に思ったことがいくつかあり、その疑問を解消しないまま導入したので今回はその疑問と結果について記載したいと思います。

導入に二の足を踏んでいる方への一助となれば幸いです。

itunes-match-setup

曲名やアーティスト名を変更していてもマッチングされるのか

例えば、アーティスト同士のコラボ曲。以下のような表記で販売されている場合がありますよね。

曲名アーティスト名
xxxxx Feat. BBBBBAAAAA

iTunesを管理する上で、私としては上記のような表記は好きではありません。よって、下記のように変更することが多いのです。

曲名アーティスト名
xxxxxAAAAA Feat. BBBBB

このようにiTunesに登録されている楽曲が、iTunes Storeで販売されている楽曲と曲名(及びアーティスト名)が異なる場合にきちんとマッチングされるのか?ということです。

結論

結論としては、無事マッチングされるようです。例を見てみましょう。

iTunes Store

こちらがiTunes Storeで販売されている楽曲です。

itunes-match-name-changed-2

インポート

こちらがCDをインポートした楽曲です。

itunes-match-name-changed-1

というか、アーティスト名がカタカナと英語だ。。。笑

注目すべきは、下の画像から分かるとおり、iCloudの状況が「マッチ」になっていることです。

iCloudの状況が「マッチ」になっているということは、iTunes Storeの楽曲を使用できるため、アップロードする必要がないということです。

このことから、iTunes StoreとiTunesライブラリで曲名やアーティスト名が異なっている場合でも、しっかりマッチングを行ってくれるということがわかりました。

それではこのへんで。

楽天

  

スポンサードリンク

  • 14
    follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

楽天

PAGE TOP ↑